Event is FINISHED

<身体感覚講座×マインドフルネス 冬クラス>

Description

「あたらしいことは もう自分の中にある。」

1月、寒さで身の引き締まる時期から、

春の訪れを身体の中からスムーズにしてゆく、そんな内側の準備を始めませんか?

冬の名物『温法 尾骨の焼き塩』と『穴追い」のクラスです。(先着11名まで)

寒さで神経系統が過敏や硬直を起こしやすい冬。

こんな時に、湯で温めたりして身体の内側に働きかけ、活性化させる方法を『温法』と言います。今回の講座では、エネルギーの身体の土台である“尾骨”を昔ながらのやり方で、

じっくり&根っこから緩める『焼き塩』を行い、尾骨が寒さで硬くならないようにしてゆきます。

また今回は、厳しい寒さでガチガチになった、“頭”、“首”、“肩”など、

神経系にアプローチする「穴追い」もご紹介します。

気の通り道を丁寧に辿り、詰まってしまったところを通してゆきます。

また、施術家向けの一日では、相手と触れ合う時の位置取り、姿勢、触れ方、などを自分の身を整えることで、出来るだけ自然に、精妙な世界とアクセスしようとする

日本で古くから行われてきた整体の技もご紹介します。


<身体感覚講座×マインドフルネス 冬クラス>


日時

2018113日(土) 1300 14日(日) 1700頃まで (受付 12:30)

(施術家、ヨガや気功の先生向け)2018115(月) 1300 1700頃まで (受付 12:30


◆参加費◆

① 【早割】43,000円(受講料、宿泊料、食費込み)【一般】46,000

② 【早割】13,000(受講料、ランチ込み)【一般】14,000

※早割は、11月30日まで

その他:①②共に、最少催行人員6名。

◆開催場所◆

関西セミナーハウス

〒606-8134 京都市左京区一乗寺竹ノ内町23


◆お問合せ◆

京都マインドフルネスセンター

smile@kyotomindfulness.org 


◆身体感覚講座◆

☆【講師】松田恵美子(まつだ・えみこ) 身体感覚教育研究者

瞑想を中心としたヨーガや、「気」の感覚を重視した整体法をベースとして、

身体感覚を磨く技法を探求。「和の型」を、身体感覚の方角からひも解き、

日常生活に役立てる方法を伝える。

学校教育における教材化や企業研修にも携わる。 

著書:

「身体感覚を磨く12ヵ月」(ちくま書房著「旧暦美人のすすめ」の文庫版)

「大人の自然塾」(岩波アクティブ新書 共著)

「お母さんのための自然療法」(クレヨンハウス刊 共著)

「自分という自然に会う」(講談社 共著)

 

☆【身体感覚講座】

東洋的な身体の使い方、観方を実践することで、からだと心のありようの変化を内観していきます。

目指すのは“自然体”。全身がひとつにまとまり、活性化が始まります。

いわゆる“上虚下実”という体勢に、まずは自分を戻すこと。

それは、日本で昔から大事にされてきた身体の在り様です。

人のからだは、下半身が充実するほど、上半身の余分な気張りや力が抜けるのです。

そのバランスは自然体と呼ばれ、その体勢において人は、本来持つチカラを悠々と発揮できます。

講座では、自然体に戻ることを、自分でできるようになるよう目指します。


2017.11 京都マインドフルネスセンター











Jan 13 - Jan 15, 2018
[ Sat ] - [ Mon ]
1:00 PM - 5:00 PM JST
Add to Calendar
Venue
Venue Address
〒606-8134 京都市左京区一乗寺竹ノ内町23 Japan
Directions
<JR京都駅から>
◎地下鉄烏丸線(国際会館行き(京都市地下鉄時刻表)「北山駅」所要時間約16分 2番出口 タクシーで約10分
◎市バス(5番系統岩倉操車場前行き)(京都市バス時刻表)  「修学院道」所要時間約50分  下車徒歩約15分
Organizer
一般社団法人京都マインドフルネスセンター
240 Followers